クスノキの薪

クスノキって薪になるの?
・・・と疑問に思う方もいるみたいですね。

クスノキは良い薪になります。
それどころか、楽しみが多い木です。

但し、クスノキの薪情報には注意が必要です。
クスノキの楽しさと薪としての要点を以下に記します。

 

クスノキの特徴

クスノキは特徴的なので見分けがつく数少ない木の一つです。

クスノキの枝

クスノキの香りの特徴

なんと言っても香りが強い木です。
だから、においをかげば分かりますね。

クスノキの香りの効能

クスノキと言うと樟脳が知られていますね。

防虫効果があるとされていますが、菌の抑制効果もある研究結果が出ているそうです。
だから腐りにくい木です。

身近なみどりの効用 ~クスノキの抗菌効果~ | 東京農業大学
東京農業大学の公式サイトです。大学案内、学部・大学院、研究活動、キャンパス、国際交流・留学、入学案内など、東京農業大学の情報をご覧いただけます。

他にも血行を良くしたり、炎症を抑えたりする効能があるので塗り薬にも使われたりするらしいのです。

クスノキの香りの確かめ方

クスノキの香りには防虫効果があるので、木には虫がついていないかと思いきや、よく見るといます。

但し、皮の下当たりまで。

白い幹は強い香りがするので虫は嫌がるのでしょう。
切断してみると木口から強い香りがするので、クスノキと見分けがつくでしょう。

また、濡らすとさらに香りが強くなります。

雨に濡れたクスノキ

クスノキの幹の特徴

クスノキは木事態が特徴的に分かりやすいです。

以下の様なクスノキらしさを味わいながら、薪作業することになります。

クスノキの外皮の特徴

外皮を見慣れると独特の様子なのでクスノキと分かるでしょう。

車に積まれたクスノキ

クスノキの木口の色の特徴

クスノキをチェンソーで切ると木口が綺麗です。
水分が含んでいる状態だと、年輪の紅の模様が見て取れます。

切り口が綺麗なクスノキ

乾燥すると、白っぽくなります。

色が綺麗なクスノキの切り口

時々、中央部分が紅くなっている時があり驚きます。

中央部分が紅くなっているクスノキ

その紅い部分だけ、パカっと外れたりします。
不思議です。

なぜか紅いクスノキの中央部分

切っていて楽しみがクスノキにはあります。

クスノキの堅さの特徴

クスノキはチェンソーで切りやすいです。
堅くありません。

それ故、太いクスノキでも切り進めることが出来ます。
それが、また楽しくも感じられます。

クスノキの情報の入手のし易さ

クスノキは庭木としてはマイナーです。
公園でもあまり見かけない木なので、入手し易い木ではありません。

他の木とまざってクスノキがあった
・・・といった程度でお目見えすることが多いです。

大きなクスノキの遠景

クスノキの木をもらい受ける時の注意点

切りやすいし、香りもいい ・・・
良いことが多いクスノキですが、クスノキをもらい受ける時に注意しなければなりません。

注意事項は以下の通りです。

空を覆うクスノキの枝

クスノキは怪物です

神社に行くとクスノキをよく見かけます。

クスノキは背が高くのびます。

それだけでなく、横にも枝を大きく広げます。

枝を横に広げるクスノキ

怪物の様な大きさになってしまう木です。
それ故、クスノキをもらい受ける情報があった際には大きさ、太さを確認する必要があります。

直径が1メートル以上のとてつもない太いクスノキの場合もあるからです。

クスノキは常緑高木です

クスノキは常緑高木なので、秋冬でも枝には葉がついています。

葉の始末について薪情報を提供してくれた人と確認が必要です。

また、葉があるという事は光合成しているので乾燥させるのに時間がかかります。

神社のクスノキ

クスノキの薪割りし易さ

木口が綺麗だし、虫よけにもなると良いことが多いクスノキですが、

クスノキは割れない
と言った声をよく聞きます。

柔らかい木なので、斧を抱いてしまうのです。
それで割るのに苦労する時があります。

でも、大概は割りやすい部分が多いです。
割れなくはありません。

クスノキの薪の使い方

クスノキは着火の時も、炉内が高温になった時も使える薪になります。

クスノキを燃やすと香りがする
という人がいますが、それは勘違いではないでしょうか?

良く乾燥されていればクスノキには香りがしません。
また、薪ストーブの炉内の香りが外に漏れることはないはずです。

漏れていれば煙臭くてたまらないでしょうから。

クスノキのうんちく

実はクスノキは奥が深い
うんちくも多いです。

クスノキの材

クスノキは柔らかい上に綺麗、そして腐食され難いので、薪以外に用途があります。

飛鳥時代では木彫りの仏像の場合は素材にクスノキが使われているものが多いそうです。
クスノキはとてつもなく大きくなるからでしょうか?
神が宿るとも考えられていたのかもしれません。

神社のクスノキ

クスノキは乾燥すると割れたり曲がったりし易いからか、現在では材としてはあまり使われないですね。

入手も困難です。

私はクスノキのまな板が欲しいと思っています。

クスノキの種類

クスノキは関東より北では少ないらしいです。
温帯の中でも南に多いらしいです。

クスノキは一種類しかないと思っていますが、樹木の分類ではクスノキ科というのがあるらしいです。

アボガドもクスノキ科なのですって

アボガドもクスノキの仲間

大きいクスノキが見られる場所

屋久島の縄文杉は科学的に調べると樹齢は2170年ではないかと言われているそうです。

屋久杉を代表する最大級の巨木「縄文杉」孤高の巨樹は神々しく、王者の風格漂う
屋久杉を代表する最大級の巨木「縄文杉」。日本に自生する杉の中で最大の幹周りを誇り、盤踞する根、隆々と盛り上がる幹・瘤、低くずんぐりした樹形。台風が常襲する屋久島の厳しい自然の中で生き続けた孤高の巨樹は神々しく、王者の風格さえ感じます。

静岡県の熱海市にある来宮神社には大きなクスノキがあるそうです。
樹齢は2100年!

駅から近く、見に行きやすい場所にあるそうです。
知る人ぞ知る有名なパワースポットなのでそうです。

参照 来宮神社の地図

タイトルとURLをコピーしました