チェンソーのメンテナンス方法

チェンソーってどうやって手入れをしたら良いの?

これからチェンソーを買おうかと迷っている人やチェンソー初心者向けにチェンソーのメンテナンス方法を記します。

最低限、これだけやっておけば大概はトラブル無く利用できる!

そういう手入れはわずか2つだけです。

チェンソーは危険な道具なので不安に思う人も多いかと思います。
事故を起こしたら自己責任ですからね。

でも、慣れてしまうとチェンソーはそれ程難しくはありません。
初心者の方向けに、その2つのメンテナンス方法の概略をまとめました。

 



 

エンジンがかからない! プラグかぶり対処法

エンジンがなかなかかからない場合は、プラグがかぶっている可能性があります。

スターターの紐をひっぱり過ぎると切れてしまう事もあります。
そうなったらちょっと面倒です。

だから、紐を強く引っ張る前にプラグの状態を確認しましょう。
以下、プラグかぶりの対処方法の概略を記します。

  1. プラグを外して濡れていないか確認する
  2. 紙や布でプラグを拭く
  3. チェンソーのスイッチをOFFの位置にする
  4. チェンソーを逆さにしてスターターの紐を何度か引っ張る

 

プラグを外して濡れていないか確認する

工具でプラグを外します。
プラグは大概はチェンソーの上部についています。カバーを開けると外しやすい場所にある筈です。

チェンソー上部にあるプラグをはずす

点火部分が湿っていないか確認しましょう。

プラグが湿っていないか確認する

 

紙や布でプラグを拭く

湿っていたら紙や布などでふき取って乾かします。

 

チェンソーのスイッチをOFFの位置にする

プラグが湿っているという事は中にガソリンが入り込んでいる可能性があります。

その為にチェンソーを逆さにしてガソリンが出てこないか確認する必要があります。

まずは燃料のガソリンがエンジンルームに流れない様に、スイッチをOFFの位置にします。

チェンソーのスイッチをオフにする

スイッチをOFF,STOPの位置にしないと、チェンソーを逆さにするとガソリンがエンジンルームに行ってしまいますからね。

無駄な作業をしていることになります。

実は私はこれを良く忘れてしまい、プラグかぶりを直すのに時間がかかったりします。

 

チェンソーを逆さにしてスターターの紐を何度か引っ張る

要は再度、プラグが湿らない様に、入り込んでしまったガソリンを抜きます。

その為にチェンソーを逆さにします。

チェンソーを逆さにする

時々、スターターの紐を引いて中を回転させてガソリンが出てくるのを促します。

 



 

チェンを研ぐ

チェンソーの多くのトラブルの原因は、熱です。

チェンソーを熱くさせ過ぎない、重要なメンテナンスはチェンの切れ味を良くする事です。

チェンの切れ味が悪いと往々にして、エンジンをふかして回転数を上げがちです。
必然、チェンソーが熱くなります。

使っている本人にも負担があり、疲れやすくなります。

こまめにチェンを研ぐ様にしましょう。

ソーチェン
 

手でチェンを研ぐ方法

大概のチェンは手で簡単に研ぎ目立てすることが出来ます。

丸ヤスリをチェンに押し当てて、水平に丸ヤスリを押し出します。
押すときに研がれます。引くときは研がれませんので、のこぎりの様にギコギコしません。

丸ヤスリを押し出す様にして2,3回、研ぎます。

これをチェンの各刃毎に丸ヤスリを押し出して研いでいきます。

チェンを研ぐ

30度の目立てガイドがあると便利です。
色々な種類のガイドがあります。

目立て角度ガイド
目立て角度ガイド


私が使いやすいと思えるのが、ハスクバーナの目立てゲージです。

ローラーが付いていて、丸ヤスリを前に押し出しやすいのです。
角度も上の様にセットすれば、意識しなくとも30度にすることができます。

目立てゲージ

小さいので持って行きやすいです。
ちょっと取り出して、研ぐことができるというのも嬉しいです。


他にも目立てガイドは色々種類がありますね。
店頭で探すのは難しいですが、ネットだと見つけやすいです。

参照) 各種 目立てガイド

 

電動目立て機で研ぐ方法

通常、4ミリの丸ヤスリでチェンを研ぎますが、
太いガイドバーに装着するチェンは太く、4.8ミリの丸ヤスリを使う場合もあります。

4ミリ同様、手で研ぐ人もいますが、実際やってみると摩擦抵抗が大きく手で研ぐのは大変です。

それ故、電動の研ぎ機を使うと便利です。
私が使っているには下の様なタイプの電動目立て機です。

30度の角度もセットすれば自動的に設定されます。

電動目立て機

かなり高回転で砥石のビットが回りますので、下の様に研ぎ過ぎてしまわない様に注意が必要です。

電動目立て機で研がれた刃

参照) 研ぎ名人チェンソー

ニシガキ工業 刃研ぎ名人チェンソー N-821

新品価格
¥7,425から
(2017/11/18 17:21時点)


インパクトドライバーでもヤスリが装着出来れば利用することが出来ます。
下の様な小さめなインパクトドライバーだと使いやすいですね。

インパクトドライバーで目立てる

インパクトドライバーに装着出来るヤスリがあります。
その様なヤスリビットだけ購入すればインパクトドライバーが利用できるというのは便利だと思います。

参照) チェンソー用ヤスリビット

龍宝丸 チェーンソー用ヤスリビット 4.8mm No.1032-8

新品価格
¥522から
(2017/11/18 17:25時点)



 

多くの目立て角度ガイドは、4ミリの丸ヤスリ用です。
厚みのあるチェンの場合は使い難いです。それで私は下の目立てゲージを使っています。

この目立てゲージならかなりの厚みのあるチェンでも上に置けると思います。

目立てゲージ


新しくチェンを買い替える

チェンを買い替える場合、チェンソーの機種名とガイドバーの長さが分かっていると購入することが出来ます。

スチールのチェンソーのガイドバーを見るとチェンの情報なども記載されています。
例えば下のMS180のガイドバーには、図入りでいくつか数字が示されています。

スチールの純正のチェンを買う場合、カタログから該当するチェンを探すのに以下の3つを確認する事になります。

  • バーの長さ
  • ピッチ
  • ドライブリンクの厚さ

スチールのガイドバーに表記されている図

ここでいうと、35cm、3/8P と 1.3mm といった表記です。

参照) スチールのソーチェン一覧

 

純正品以外にも、オレゴンが適合したチェンを出している場合があります。
そちらの方が安い場合もあります。

ネットの方が自分のチェンソーに合うチェンを探しやすく買い易いです。

 

チェンソーを掃除する

チェンソーのカバーさえ外したことない!

それだと遅かれ早かれチェンソーは壊れてしまうでしょう。

カバーを開けると下の様に切り粉がドロドロに付着しています。
汚れやすいですからね、チェンソーは。掃除は不可欠です。

掃除前の汚れたチェンソー

チェンソーは熱くなり易いです。特に摩擦熱!
チェンソーを摩擦熱から守る為にチェンオイルは無くてはならないです。

チェンソーを使っている内に切り粉が付着して汚れます。
チェンオイルが出て来にくくなります。それで掃除をする必要があります。

チェンソー本体の掃除する箇所

チェンオイルが出て来る穴があります。
その穴が切り粉でつまってしまうと具合が悪くなります。

大概は肝心な部分だけ伐り粉がチェンオイルで流れている筈です。
下の写真は掃除する前の本体のガイドバーの取り付け部分です。汚れています。

〇で記した箇所が、オイルの通路になっています。

チェンオイルの通路

細い棒、私の場合は丸ヤスリの根元部分を使って、凹みや穴から切り粉をかき出します。

その穴の周りもブラシなどを使って切り粉を掃除します。

また、エアフィルターもチェックしましょう。
取り外して伐り粉が付着していれば掃除します。

エアフィルターの汚れ

 

ガイドバーの掃除の仕方

チェンオイルはガイドバーの内側の溝を伝わりガイドバー全体に行き届きます。

ガイドバーの内側の溝に切り粉がつまるとチェンオイルの潤滑が悪くなります。

特に長いガイドバーは要注意です。
長いとガイドバーは頑丈に作られるので太さもあります。

溝も大きいので伐り粉が詰まり易いです。
切り粉をかき出して掃除しましょう。

ガイドバーの溝を掃除する

この時、ガイドバーの溝に薄い板などを差し込むと掃除がし易いです。
下の目立て角度ゲージの先がガイドバーの溝を掃除する形状になっています。

私はこの目立て角度ゲージを使って掃除しています。


 

チェンソーの危険サイン

チェンソーを使っていると、なんかいつもと調子がおかしいと感じる時があります。
そういう時は、チェンソーが熱くなっていないか確認して下さい。

下記の様な時はチェンソーが危険サインを出しているのかもしれません。
気を付ける必要があります。

  • チェンが頻繁にはずれる
  • エンジンが急に止まる
  • チェンが焼けている
  • 研いでもチェンの切れ味が悪い
  • オイルキャップを開けたら、オイルが噴出して来た

 


 







 

TOP