薪割り

1月から3月に得た木を、出来れば、梅雨前の4月、5月に薪割は終えておきたいです。
・・・というのも6月になると梅雨入りしてしまうからです。

ひと冬分の薪となると薪割の労働量はかなりのものになります。しかも、2か月ほどで終わらせたいです。

当然、体への負担が大きくなります。私は腰を良く痛めてしまっています。
出来るだけ楽に、そして効率よく作業を進めていく必要があります。それには薪割り道具を上手に活用するのがコツになります。

薪割作業


すっかり斧で薪割する人は減ってきていますね。
下記にご紹介する薪割り機械や器具を一度試すと、体が楽なのが実感しますよ。

 

 

和斧と洋斧

薪割りには斧は必ずしも必要ではないのですが、でも、斧を振るうのは薪割りの醍醐味です。

斧で薪を割っていく労働は気分が良いです。
・・・と言っていられるのは、初めの内で、ひと冬分の薪を斧で割るのは、かなり体にこたえますね。

今、キャンプで薪ストーブを使う人が増えていますね。
キャンプ分程なら、斧が一番、使い勝手が良い薪割り道具になると思います。

斧と言うと小型の手斧を買ってしまう人がいますが、薪を作るなら大型の斧です。

 

和斧では太い木は割れない

和斧はホームセンターで売られており手に入れやすいです。値段もリーズナブルで手に入れやすいです。

しかし、私の経験からすると、和斧では太い木は割れないです。多くの和斧はヘッドが細く鋭い刃をしています。

すると丸太に刺さってしまうのですよね。

和斧

枝の部分、直径が5センチ前後ならば、割れるでしょう。
洋斧と違って、重くないので扱いは楽です。

洋斧はヘッドの重さで割る

洋斧のヘッドはエラが張った様な形をしています。

それに重いです。
ヘッドが重いほどインパクトの時に破壊力があります。

エラが張っているので丸太を引き裂き割りやすいです。
そして薪割りは腕力ではなく、ヘッドの重さで割っていくのが基本です。

でも、洋斧を売っている店を探すのは難しいかもしれません。ネットの方が購入し易いです。

洋斧

洋斧はそこそこの値段します。それでも値段だけあって、良く割れます。

柄の長さは、野球のバット程のものを選ぶと良いと思います。
ヘッドの重さは2.5Kg程が標準です。重い程、威力はありますが、振りかざすのに力が要ります。

自分の体力に合わせて選ぶと良いと思います。

インパクトの時にグリップをしっかり握りますが、それ以外は力をかけずにヘッドの重力で割っていきます。

でも、こればっかりは慣れなので、実際にやってみて習得していくしかないでしょう。

薪割

 

今や薪は電動薪割り機で割る

以前は薪割りと言えば、斧でしたが、今はメインは電動薪割り機ですね。
効率がとてもイイです。

6tで割れる シンセイ 電動薪割り機

効率の良い電動薪割り機

私は電動薪割り機に対して間違った認識をしていました。斧の威力よりも劣るので、買う意味ないと思っていたのでした。

ところが、展示品を安く売っていたので衝動買いしたら私が間違っていた事が分かりました。

効率の良い電動薪割り機
電動薪割り機は想像以上に作業効率が良いです。

私が購入した電動薪割り機の力は2トンです。大したことないです。
でも、使ってみると薪割りが効率的に進むのに驚きました。

斧の場合、割った木は跳びます。それを取りに行き、薪棚まで運ぶのに動作が大きいです。

一方、電動薪割り機の場合、作業中は座ったままです。無駄な動作がないのです。

確かに非力で割れない木もありますが、全体的に作業効率は目を見張るほど上がりました。

割った薪は一輪車に載せれば、薪棚まで運ぶのにとても楽です。
割る作業だけではなく、作業全体が効率的になります。

電動薪割り機なら玉切りもし易くなる

木を寝かして横から圧力をかけるので、立たない木でも割っていくことが出来ます。
つまり底面が斜めになっている木も割る事ができます。

これは玉切りする時に必ずしも直角にチェンソーを入れなくとも良いという事なので、作業し易くなります。

電動薪割り機なら女性でも薪割り出来る

斧よりも全然、電動薪割り機は安全に薪割り作業をする事ができます。
それ故、女性でも簡単に薪割り出来ます。

電動薪割り機があれば、家族で協力して薪割り出来る様になるでしょう。

私の場合、今では電動薪割り機は必需品になっています。
誰でも出来る電動薪割り機

楽になる!威力のある電動薪割り機

また、6トンの威力のある電動薪割り機になると、かなりの径の木が割れます。

斧で割れなかった木も割れたりします。

私の場合、6トンの電動薪割り機も購入しました。

2トンと比べても電動薪割り機の大きさも重さも変わりません。
使い方も一緒です。

おかげで、効率アップの上、体への負担が激減しました。

6トンの電動薪割り機で桜の木を割る

 


 

エンジン薪割り機

欲しいけれども、高価だし、置く場所がないのでなかなか買えないのがエンジン薪割り機です。

エンジン音もかなり煩いので、庭に置くのに憚れる場合も多いと思います。

でも、効果は凄いです。
実際、エンジン薪割り機があると割れない木はまずないです。多くの人が持って行かない根元でも二股部分でも薪にすることができます。

エンジン薪割り機

エンジン薪割り機を持っていると、薪にする木を集めやすいのは事実です。

しかし、作業効率という意味では、実際使ってみると意外と大変です。

12トンクラスのエンジン薪割り機ならそんなに大きくないので扱いもまだ楽です。
それがハイパワーになると大変になって来ます。

例えば、太い丸太を薪割り機にセットする作業です。
クヌギの太い所でもエンジン薪割り機ならバリバリ割れるのですが、薪割り機の下に丸太を置くのに力が要ります。

一人でやるとかなりの労働になります。だから重機を使う人も ・・・

エンジン薪割り機さえあれば、割り難い木も割れるので、大きい、太い丸太も集めてきますが、扱いが大変だったりします。

エンジン薪割り機で太いクヌギを割る

 



 

割れない硬い木の対処方法

斧や電動薪割り機では割れない丸太があります。諦めてしまう前に、反対側からも割ってみると良いです。

木には割れ易い方向がある様です。

例えば下の様な丸太の場合、外から見ただけでは分かり難いのですが、節があります。筋が長く伸びている方から力を加えた方が割れ易いです。

薪割りの方向

それでも割れない場合、4つの方法をご紹介します。

  1. 手動式薪割り機で圧力をかけて割る
  2. スプリッターで重しを落として割る
  3. 楔(クサビ)を打ち付けて割る
  4. チェンソーで縦に切る

 

手動式薪割り機

「 結構割れるよ。」と評判がまずまずだったので、私も12tの手動式薪割り機を購入しました。

構造的には車のジャッキを太くした様なものです。
簡単ではないですが、割れます。おそらく下記の他の道具よりも楽だと思います。

12tの威力があれば、斧で割れない木も割れる筈です。
また、木を寝かして横から圧力をかけるので、立たない木でも割っていくことが出来ます。

直径が25センチまでと本体に記されていますが、それ以上の丸太も割れました。
手動式薪割り機

この手動式薪割り機で割れ目を入れてから、電動薪割り機を使うとより効率的に薪割できるます。

なかなか良い感じです。

しかし、万能ではありません。
無理をすると壊れます。割れない木もあることを留意して使うと良いと思います。

手動式薪割り機と電動薪割り機を併用する


 

スプリッター

斧を振るった場合、同じ場所に必ずしも当たらないのですが、スプリッターを使うとそれが可能になります。

一定の場所に多くの回数、打撃を加え続けて、割れない木を割ることが出来る道具です。

ログマチック
子供でも作業が出来るログマチック


腕が疲れるほど重しを落とし続けなければならないのが大変です。でも、その割には評判が良いです。

比較的安全に薪割が出来るので、女性や子供たちにもお手伝いしてもらえるメリットもあります。

ところが、私の実感では、音がかなり喧しいです。ちょっと庭で使うのには、憚れる気がします。 それになかなか割れません。

丸太の端から削る様に割っていかないと厳しいと思います。
プロウ


 

楔(クサビ)

割れない木を割る最もポピュラーな道具は楔でしょう。
丸太に楔をハンマーで打ち付けて割っていくのですが、結構、危険な作業です。

私はハンマーで足のすねを打ってしまって、悶えるほど痛い思いをした事があります。
他にも指をハンマーで打ちつけてしまったり、怪我を沢山しました。

楔を打つ
楔が入る


楔(クサビ)は一つだけでは、丸太の中に埋まってしまう場合もあるので、二つは用意しておきたいです。

この楔は結構な値段します。

私は楔を使うのはあまり良い方法ではないと思うので、どうしても仕方ない時にしか使いません。


 

チェンソー

薪割りは木の繊維の方向に割っていきます。
通常、チェンソーは繊維を横から切る時に使うのですが、どうしても割れない場合、チェンソーで切ってしまいたくなる時があります。

チェンソーで縦に切る

力づくで縦に切断して、割った様な状態にしようというのです。実際、電動チェンソーでも出来なくはありません。

 

細めの木の処理方法

太い幹の部分だけもらい受けて薪にします ・・・ といった贅沢は言っていられないのが薪ストーブ愛好家の現状でしょう。

また、私の場合、径が7センチ程の木は大変重宝しています。

まだ炉内の温度が上がっていない時は、太い木は入れられません。

私などは外出が多く、薪ストーブの温度が下がってしまうのは頻繁にあります。

細めの木は大変、使い勝手が良く、ありがたいです。

皮を剥く

径が細いからその割らなくても良いと思うのですが、まるのままだと乾燥し難いです。

手間を惜しまなければ、外皮を向くとかなり乾燥し易くなります。

手斧で皮をはぐ

電動薪割り機で割る

電動薪割り機はとても便利です。
細い木を割るのに楽です。また、割らずとも亀裂を入れるだけで乾燥し易くなります。

電動薪割り機で割れ目を入れる

キンドリングクラッカー

最近はキンドリングクラッカーを使う人もいますね。
刃に木の底面をあてて上からたたいて割ります。

初めてでも割り易いと好評の様です。

でも、難点は粘っこい木などは、刃を抱き込んでしまう時があります。
そうなると取り出しにくいのですよね。

割り易い細い木だけなら、トラブルになり難いと思います。


和斧を応用する

和斧を工夫して使って下の様に処理する方法もあります。

和斧の刃を上向きにする

クランプなどを使って和斧の刃が上を向く様にします。その上に細めの木の底面をあて上からハンマーでたたきます。

すると比較的簡単に割れ目を入れていくことができます。

細めの木を割っていく

割れ目が入っているだけで乾燥のし易さが違う気がします。

裏ワザ 薪割り 細めの木を割る方法

 
指をたたかない様、注意が必要です。

 

タイトルとURLをコピーしました