サイト管理者情報

当 薪の作り方 サイトは、薪ストーブ愛好家が薪の作り方を考える上で役立ててもらう目的で作成しました。

整理すべき情報や課題が出てきましたら、追加・変更して行きたいと考えております。

当 薪の作り方 サイト管理者への連絡はこのページ下部の連絡フォームをご利用下さい。

 
※ 本サイトの文章や画像の無断転用はご遠慮ください。
 




 

サイト管理者プロフィール

私は例年11月半ばから3月までの間、薪ストーブを使っています。比較的短い期間ですが、一冬につき3トンの薪が必要になります。

それで毎年、3トンを目標に薪作りを行っています。

サイト管理者 沿革

2001年 都会より富士山近郊に移住
2002年 ログハウス生活開始       
2006年 薪ストーブ設置により薪作り開始
2009年 富士山薪ストーブクラブ 結成



 

自分に薪作りって出来るだろうか?

そう不安に思う方も結構いるかと思います。現に私も初めはそう思いました。

今では薪作業は生活の一部になっていますが、始めた頃は分からない事も多いし、道具も無いし上手くいかない事が多々ありました。

なんとかなりません

薪ストーブ設置業者が売りたいばかりに、” 薪はなんとかなりますよ ” って言っている様ですが、私は今でもそれは無責任だと思っています。

「 なんとかなりません。 」

私はそう言いたいです。薪作り生活は誰でも始められるものではないと思っています。

3つの不安

私が抱いていた具体的に不安は主に以下の3つです。

  • 薪情報って得る事が出来るのだろうか?
  • チェンソーって危険そうなのだが、怪我とかしないだろうか?
  • 木を運ぶのに適した車がないのだけれど、運べるだろうか?

 
不安だからやらないという選択もあったのですが、私は取りあえずやってみる事にしました。

やる前は不安で躊躇していたのですが、実際やってみると意外な展開になったのでした。
試行錯誤の一つとして富士山薪ストーブクラブを結成したのです。

クラブの立ち上げはスムーズでしたが、運営は紆余曲折がありました。
しかし、私にとってもクラブ会員にとっても、富士山薪ストーブクラブが薪作りの助けになっていると思います。

問題は量が多いこと

個々の薪作業は比較的単純な肉体労働です。薪割にしても玉切りにしても道具があれば、難しい作業ではありません。

毎年3トンという量が多いのでネックなだけです。

私は今でもファンヒーターも使っています。
暖房は薪ストーブだけではなく、大型ファンヒーターも使うつもりでいれば、気楽に薪作りする事ができると思います。
 

富士山薪ストーブクラブ概要

薪ストーブには色々な課題や困難な点があります。
それをいくらか緩和できないかと思い、富士山薪ストーブクラブを結成しました。

エントリーして頂いている会員は100名を超えています。

会費はなく、インターネットなどを使い出来るだけコストをかけずに運営しています。
下記の様な活動を行っています。

 

ホームページ URL http://mfwsc.fujilognet.jp
ブログ URL http://mfwsc.i-ra.jp

富士山薪ストーブクラブ
 

薪情報の募集

富士山周辺で薪になる伐採木をご提供頂ける薪情報を募集しております。
会員数が多いので大量の薪情報にも対応出来ます。

サイトからご連絡戴けます。

参照) 薪情報募集 ページ

 

クラブ内における薪情報の共有・薪狩り

共同で薪狩りをしています。
薪作業は一人でやるより、みんなで作業する方が安全ですし、断然、楽しいです。

新規会員を募集しております。

参照) 会員募集 ページ

 

薪ストーブの普及活動

薪ストーブ自体が高価ですし、設置工事代金も結構します。
その上、設置に困難なケースもあります。

それで富士山周辺で薪ストーブ設置をご希望の方に特別価格で対応してくれる協力業者をご紹介していおります。

参照) 薪ストーブ普及活動 ページ

 







 

サイト管理者への連絡フォーム

当 薪の作り方 サイト管理者へのご連絡は下記フォームをご利用下さい。

 

1.お名前 (必須)

2.メールアドレス (必須)

3.題名

4.メッセージ本文


 



 

TOP